理念・ビジョン   お問い合わせ   スタッフ   定款

 理 念 ・ ビ ジ ョ ン

「ロードレース・プラットフォームの創造」

フェアプレー精神を基盤として、安全で、気持ちよく、思いっきり!走れる、
ロードレース・プラットフォームを、地域の皆様と手を携えて実現します。
ロードレース開催を自治会・管理者・自治体・警察等から承諾され、医療体制を整えることが可能で、地域に支えて頂ける会場(道路や場所)を静岡県内に30箇所つくり、かつ、事業を継続できる安定的な財政基盤を確立します。

  • 自転車ホビーレース会場の開発
  • 自転車ホビーレースの自主財源運営と運営ノウハウの公開と共有
  • 自転車ホビーレース事業の開発・運営に関わる若者の育成
  • 上記の実現による"ロードレーサーの仕事創造"と"わがまち創生"
↓クリックするとPDFでご覧頂けます。

ご覧頂いたように、全国各地で行われているフィルムコミッション(映画のロケ地の開発と誘致)と似ています。
エキップアサダさんのサイトによると、フランス自転車競技連盟が管轄するロードレース数は5,500も!あるそうです。
すごいですね~。 早稲田大学のサイトに掲載されている「日本における自転車競技の課題と施策に関する研究~イギリス・ベルギーとの比較を中心として」を拝読しますと、イギリスでは年間約3,000の自転車イベントが開催されているそうです。
一方で日本の登録者レースは年間100程度なのだそうです。
「レースを増やすためには何をすればいいのか?」と考えると、次のような5つの要素が考えられます。
(1)レースに参加したい人がたくさんいる
(2)レースを見たい人がたくさんいる
(3)レースを主催・運営する人(企業)がたくさんいる
(4)レース開催を自治会・管理者・自治体・警察等から承諾され、医療体制を整えることが可能で、地域に支えて頂ける会場(道路や場所)がたくさんある
(5)レース運営を継続的に行うための財務基盤がある

シクロしずおかが、もっとも力を入れるのは(4)(5)です。レース・スクール会場を開発して、レース主催者に利用していただくサービスを提供することで、「ロードレースが増える」という好循環をつくっていきます。
静岡県内でいくつかレースできる会場のメドが立ち始めています。 大きな会場もあるので、1レースだけやってみたいと言う方も歓迎です。 こんなレースをしたかったんだよね!という熱い想いのある方、是非、あなたの想いをお聞かせください。
一緒にやりましょう!

 お 問 い 合 わ せ

シクロしずおか (一般社団しずおか自転車ホビーレース研究所)
e-mail : office@cyclo-shizuoka.net

 役員

代表理事(社員)【斉 藤 寿 規】

まちづくりプロデューサー/まちづくり研究所 代表/有限責任事業組合 顧客創造塾組
  • 2007年、2008年に静岡朝日テレビカルチャーの講座として、当時シマノレーシングの現役選手だった、野寺秀徳選手、阿部良之選手、廣瀬佳正選手、大内薫選手によるロードバイクの自転車教室を開催。
  • 45歳からロードバイクに乗り始める。当初は通勤主体。徐々に距離を走るようになり、週末100km程度を走るようになると、約3ヶ月で体重が10%減少、ウエストが10cmマイナス。57歳の現在、ほぼ同程度を維持。
  • 鈴鹿や富士のサーキット耐久イベントにてレースに出始めるが、ヒルクライムへの挑戦すべく、上り主体の練習を夜野さんの指導を仰ぐ。 予定していたヒルクライムを仕事の都合で断念。代わりのレースとして2005年第1回市民サイクルロードレースin伊豆に出場。伊豆スカイラインとサイクルスポーツセンターの両ステージを走るも、惨憺たる結果に。その後も、修善寺のサイクルスポーツセンターで行われるレースを主体に出場。
  • ヤオハン経営企画室を経て、企業CI、新事業企画、人材育成、システム設計、行政施策立案、静岡大道芸ワールドカップの立ち上げ等に従事。現在、紺屋町商店街のプロデューザーとして中心市街地活性化に実現。企業や市民に企画書の作り方などを指導。産学官の協力、自主財源活動による、まちの活性化手法に精通している。静岡県事業仕分け委員、静岡市商業労政委員などを歴任。

理事(社員)【山 内 真 一】

有限責任事業組合 顧客創造塾組 代表組合員/テットコム 代表
  • 斉藤さんを通じて、佐野選手、夜野さんと出会い、自転車ロードレース会場に訪れた際には、日本のトップクラスのプロロードレーサーとお話しさせていただく機会を頂きました。もっとも驚いたことは、トップクラスの選手であっても将来のビジョンが見えづらく、不安を抱えている事でした。
  • 私たちのチームは「フェアプレー」の精神を基盤として、「自主財源運営」によって「地域の皆様との協働にわがまち創生」と「ロードレーサーの仕事の創造」を目指しています。ホビーレースを安全に楽しんでいただけることをサービスとして、皆様と共に創りあげていきますので、よろしくお願いいたします。
  • 静岡日本電気ソフトウェア(現NECソリューションイノベータ)を経て現職。創業時から医療のPR業務に携わり、銀行・マスコミ・広告業界での医療分野の商品サービス開発のコーディネートを務める。静岡商工会議所青年部会長、日本商工会議所青年部理事・監事、日本商工会議所社会保障専門委員、静岡市事務事業評価委員、静岡家庭裁判所委員などを歴任。

理事【佐 野 淳 哉】

プロロードレーサー(TEAM MATRIX POWERTAG)
  • 静岡県清水市(現静岡市清水区)出身・在住
  • 清水南高~埼玉大学
  • 2005 チームブリヂストン・アンカー
  • 2006-2007 チーム・バン・サイクリング
  • 2008-2012 チームNIPPO
  • 2013 ヴィーニファンティ-ニ・セッレイタリア
  • 2014-2015 那須ブラーゼン
    全日本自転車競技選手権ロードレース/男子エリート 優勝、TT2位
  • 2016 チーム・マトリックス・パワータグ

 定 款

平成28年5月に設立されました。定款はこちらをご覧下さい。